ストレスは病気の原因になる|心の病と解決センター

女医

対策が重要です

レディー

ギャバが鍵です

ストレスは様々な身体の不調や病気を引き起こす引き金とされています。そのため、ストレス対策をいかに行うかが鍵となってきます。ここで言うストレス対策とは、ストレスを溜めなかったり、上手にコントロールすることも含みますが、身体のストレス耐性を強化することが挙げられます。耐性の強化によい成分の一つとしてギャバが挙げられます。ギャバはアミノ酸の一つで玄米やしらすちりめんなどに多く含まれているとされています。そもそもギャバは抑制性の神経伝達物質として身体をリラックスにさせる効果がありますが、ギャバはストレスの影響で減少するとされています。こうして抑制性の神経伝達物質が減るため、イライラしやすくなります。当然リラックスがあまり出来ない身体状態になることから不眠などを引き起こす場合もあります。そのため、ギャバの定期的な摂取がストレス耐性強化の鍵となることが言えます。近年ではチョコレートでギャバが摂取できるようになり、人気を集めつつありますが、本気で摂取したいのであればサプリメントの方が効果的とされています。サプリメントも現在注目され出してきています。このように、ギャバはストレス耐性強化のアイテムとして人気を集めています。

腸にも不調が来ます

ストレスが引き起こす病気として、多くの人はうつ病を連想します。ストレスは身体をリラックスさせる効果がある神経物質のセロトニンを減少させるとされていますが、このセロトニンの減少で様々な病気を引き起こすとされています。勿論、代表的な病気としてうつ病が挙げられており、近年うつ病は増加減少です。しかし、近年増えているのが過敏性腸症候群です。うつ病は精神状態に支障をきたす病気ですが、過敏性腸症候群は腸に異常をきたす病気となっています。この過敏性腸症候群はストレスによって引き起こされるとされており、この病気もセロトニン不足と何らかの関係があるとされており、治療に抗うつ剤が使用されることもあります。現在10人に1人が過敏性腸症候群にかかっているとされており、うつ病よりもさらにありふれたストレスが引き金で起こる病気となっています。こちらもうつ病と同様なんらかの治療で改善することは可能ですが、特効薬は開発されていなく、長い治療が必要な場合が多いです。そのため、今後もストレス社会が続くことに加え、特効薬もないことからもっと過敏性腸症候群の患者が増えていくことが考えられます。その他ストレスが引き起こす病気として自律神経失調症なども挙げられます。