ストレスは病気の原因になる|心の病と解決センター

女医

心と体のトラブル

下を向く男性

原因究明が出来ます

心や体の不調の中には、明確な原因が分からないものも数多く存在します。うつ病などの心身疾患はもちろんのこと、高血圧や糖尿病、気管支喘息などの病気にも何らかの心理的ストレスが関係していることがあるのが本当の所です。こういった体の病気は、ストレスとの関連が中々掴めないという問題が起こります。従って、時に薬での治療効果が得にくいのが厄介な点です。最近増えている心療内科などのメンタルクリニックでは、病気の原因を精神的な面からも探っていくのが一般的です。ですので、一般の診療科では把握出来ないストレスの原因も掴むことが可能になります。治療のアプローチの幅も広がることから、病気が快方に向かうケースが出てくるのが大きな魅力です。受診する側も、心療内科の医師には臆することなく自分の中で感じているストレスを話せるという場合があります。カウンセリングなどを通じて問題点を認識することも可能で、生活改善の糸口が見つかることが多いです。こうしたことから、心療内科は昨今高い人気を得ています。日ごろの食事を変えるという新しいアプローチも登場しており、病気の改善に向けて様々なアクションを起こせるのが最近の状況です。身近な所から対策を講じる大切さが、心療内科では説かれます。

思考の低下を改善します

心療内科や精神科では、ストレスによって引き起こされている心身の不調を改善するための治療を行います。ストレスは、心の状態を司る脳に大きな影響を与えるのが常です。心身をコントロールしている脳がこのようなストレスによってダメージを受けると、一気に体調は悪循環に陥ります。ストレスへの対処も難しくなることから、一層状態を悪くしてしまうのが問題です。メンタル系のクリニックでは、こういった点に特に注目して、治療を提供します。ストレスに十分対抗できるだけの脳を維持するためには、思考を変えることも大切です。心療内科や精神科でよく処方される薬剤は、これらの思考力の低下を少なからず抑えます。気持ちを落ち着かせたり、うつな気分を解消するといったアプローチで、通常通りの思考力を保つことが一つの課題です。このような特殊なアプローチが出来るのが、心療内科や精神科ならではの特徴と言えます。ストレスは場合によっては、活力を生む原動力になり得る要素です。ですので、思考力を正常な状態に保てるようになれば、自分自身で対処していくことが出来ます。患者自身が本来持つ力を引き出すことも、心療内科や精神科の医師は行なってくれます。