ストレスは病気の原因になる|心の病と解決センター

医療

対策が重要です

レディー

ストレス耐性を強化する成分の一つとしてギャバが挙げられ、チョコレートなども勿論サプリメントなどの摂取する動きが社会で見られています。また、ストレスが引き起こす病気の代表的なものの一つとして過敏性腸症候群が挙げられ(10人に1人の割合)、こちらも特効薬がないことから今後増えていくことが考えられます。

View Detail

知らないうちに溜まる

病院

ストレス対策にはたくさんの方法があります。食生活や生活習慣の改善を行いながら、自分の性格を少し変えてみるというのもストレス対策の一つかもしれません。病気予防のためにも、まずは出来るところから初めてみましょう。

View Detail

精神的負担からかかるもの

頭を抑える人

ストレスから発症してしまう病気の中で顔面神経麻痺という病気があります。かかってしまうと見た目でもすぐに周囲が分かるほど見た目が変わっており、早期に発見できる病気でもあります。かかってしまえば72時間以内に診てもらうことが必要です。

View Detail

心と体のトラブル

下を向く男性

心療内科や精神科などのメンタル系のクリニックでは、心身の病気の原因をストレスなどの心理的な側面からも究明するため、新たなアプローチが見つけやすくなります。こういった点が、人気を得る一因です。心療内科や精神科では、時に薬を使用して思考力の低下を改善するサポートを行います。

View Detail

ならないために

医療

解消するには

ストレスを強く感じている方、うまく解消していますか。ストレスは多くの病気の原因となります。そんなさまざまな病気のもとであるストレスの解消法を、今回はお伝えします。まず何よりも行ってほしいのは、ひたすら寝ることです。寝られる状態でしたら、ひらすら寝てください。寝ることは、精神的ストレスと肉体的ストレスの両方を解消してくれます。寝るだけならお金もかかりません。ただ寝るだけと思われるかもしれませんが、寝ることは疲労回復に一番効果があります。十分寝たあとにはきっと体調が良くなっているので、ぜひ行ってほしい解消法です。2つめの解消法は、人と話すことです。この時自宅などの、まわりに気をつかわない静かな環境で行うことをおすすめします。時間をたっぷりとって、人と話すことは大いに疲労回復に役立ちます。3つ目は、外に出てみることです。1人で家の中に閉じこもっていると、それだけでどんどん気分が落ち込んできます。外出して、日の光を浴びてみてください。日光を浴びることでストレスが軽減できることは、医学的にも証明されています。最近ストレスが溜まっているなと思ったら、この3つをまず行ってみてください。日々のストレスが軽減し体が軽くなって、気分が前向きになることを実感できるはずです。

なりやすい疾患

ストレスが原因となる病気はたくさんありますが、1番の特徴としてはこころの病気にかかりやすくなるということでしょう。ストレスからくるこころの病気の代表的なものとして、神経症・うつ病・統合失調症・人格障害があります。ここにあげたこころの病気はどれも、なってしまうと本人だけでなく周りもつらい状況に陥るという現実があります。こころの病気はなりやすい性格があることも分かってきていますが、状況しだいでは誰もがなり得る病気です。そして1度かかってしまうと治っても再発しやすいのも特徴です。こころの病気になると、仕事や人との付き合いなどの社会活動が思うようにできなくなり、孤立しがちになるため、結果としてますます悪化してしまいます。このようなこころの病気にならないようにするには、原因となるストレスを溜ないことも大切ですし、またストレスが溜まったら解消することも大切になってきます。又、もし周りの方でこころの病気になっているのではないかと思う人がいた時は、話しを聞いてあげて、必要ならば病院に一緒に行ってあげてください。いまは心療内科など、こころのケアやストレスの原因追求、治療を行なってくれる医療機関が数多くあります。そこで早めに相談することがとても大事になってきます。そのまま放っておくと、病気が進行、あるいは別の病気を発症してしまうケースもあるので注意が必要です。本人の対処と、まわりの気遣い、医療機関での治療がストレスからくるこころの病気を減らし、みんなが幸せなより良い生活を送れるようにしてくれます。